禁煙効果の高いチャンピックスとは

健康診断で高血圧や糖尿病などの生活習慣病だとわかると、禁煙を行い、血流を良くして、健康な体を取り戻す必要があります。
しかし自力で長年の喫煙はやめるのは難しいので、禁煙効果の高い飲み薬のチャンピックスを使うようにしましょう。
なぜ喫煙をやめられないのかというと、タバコを吸うと、脳にあるニコチン受容体という部分にニコチンが結合して、快感を生じさせる、ドーパミンという物質を放出させるからです。
チャンピックスを体内に摂取すると、この受容体に結合するため、ニコチンに比べると少ない量のドーパミンを放出させて、ニコチン切れの症状でよくある、イライラ感を軽くすることが出来ます。
さらに、ニコチンが受容体に結合するのを邪魔出来るので、禁煙中に我慢できなくなって吸ってしまったときの満足感を感じにくくさせる効果もありますから、禁煙には非常に役立つ薬です。

チャンピックスの服用方法は、禁煙開始予定日の1週間前から服用し始め、服用8日目から禁煙を開始します。
自然にタバコを吸わなくなったときは、8日目になる前に禁煙に入ってもかまわないですが、飲み始めの1週間に服用量を徐々に増やすのがポイントです。
基本的にチャンピックスを使った禁煙治療は12週間なので、その期間内に自分の判断で勝手にやめることは避けてください。
相談することなく、12週間の禁煙治療を中断すると失敗しやすいので、本気でタバコをやめたいなら、医師の指示に従うことが大切です。
また以前に薬を飲んで、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがある方や、精神疾患がある方、腎臓の病気がある方、他に服用中の薬がある方、妊娠中または授乳中の方、未成年者の方は、医師に相談するようにしてください。

ニコチンを含んだ禁煙補助薬と併用すると、効果がありそうと感じる方もあるでしょうが、それはよくありませんし、服用後に、めまいや眠気、意識障害等の症状があらわれ、自動車事故に至ったケースもあるので注意しましょう。
事故を起こすと禁煙どころではなくなってしまうので、安全のためにも、自動車の運転などの危険な機械操作はしないでください。
副作用には、吐き気や頭痛、上腹部痛、便秘、お腹のはり、普段と違う夢をみる、不眠などの症状が確認されているので、もしこれらの症状があらわれた場合は、服用をやめ、早めに医師への相談が必要です。
人によって、どんな副作用があらわれるかはわからないので、これはおかしいと思ったらすぐに、医師や薬剤師のもとに行くようにしましょう。